自動車と動物の衝突(ロードキル)や航空機と鳥の衝突(バードストライク)等により多くの鳥類、哺乳類が死亡しています。
また、近年ではカミツキガメ等の危険な外来動物が捕獲・駆除されることがあります。

弊社では、このような動物を、県や市町村あるいは民間企業からの依頼で、博物館や動物園等の展示用、もしくは環境教育や研究用に有効活用するため、生物標本を作製しております。

また、最近では希望者が多いことから、生物標本作り教室も開催しております。


詳しくは以下のページをご覧下さい。

学術標本の作製サービス

動物博士の剥製講座


・手前 ヒメウズラ 後ろ ウズラ



・カミツキガメ



・コミミズク




生物標本の過去の事例はこちら
年代 件名
2015 普及啓発用剥製標本の提供
2015 剥製講座 基本コース・応用コース
2013 ネズミ仮剥製標本の作製
2013 大島公園ウミガメ標本作製業務
2012 オヒキコウモリ標本作製業務
2012 標本作製等委託業務 生物多様性センター
2011 高麗人参の樹脂標本作成業務
2010 NPO法人 野生生物調査協会 剥製講座
2010 北海道大学大学院における剥製標本作成講義および雪中哺乳類捕獲指導
2010 剥製講座
2008 剥製3体 クマネズミ・ドブネズミ・ハツカネズミ
2007 カミツキガメ処分業務・剥製業務
2006 植物標本作成業務
2006 剥製作成講座 
2005 ササユリ植物標本作成
2004 植物標本作成業務
2004 岩手山周辺の植物標本採取業務
2003 植物標本作成業務


業務内容