株式会社 応用生物 剥製講座のお知らせです。
  応用生物 TOPに戻る お問い合せ

トピックス


【応用生物】 動物博士の剥製講座


 弊社では、小型哺乳類や鳥類の学術標本を作製するための技術講座を開設しています。講師は、これまで多くの学術標本を手掛けてきた、小型哺乳類の分類を専門とする土屋公幸博士です。

講師のプロフィール
・元東京農業大学 野生動物学研究室 教授。農学博士。学芸員資格。
・宮崎県および山梨県のレッドデータ哺乳動物部門の調査・執筆を担当する。
・野生小哺乳類の染色体・系統分類と実験動物化に関する長年の研究業績が
 認められ、平成22年度(第3回)日本哺乳類学会賞を受賞する。

 講座には、「基本コース」と「応用コース」があります。基本コースは、小型哺乳類(ネズミ)と鳥類(ウズラ)の2つから選ぶことができます。

【基本コース】
 ネズミやウズラの剥製を作る実習を通じて、解剖や標本の保存、取り扱いや名前の調べ方、データの記録法などを習得する2日間のコースです。
 1日目は、小型哺乳類または鳥類の外部計測法を学び、解剖により生殖器の記録、DNA材料の保存法などを習得します。そして、小型哺乳類では毛皮のフラットスキン標本あるいは仮剥製標本、および頭骨標本、鳥類では仮剥製標本を作ります。
 2日目は、小型哺乳類または鳥類の展示標本としての本剥製標本を作ります。
 完成した標本はお持ち帰りいただけます。

【応用コース】
 基本コースを終了した方を対象とした1日コースです。剥製にしたい動物(例えば、小型の愛玩動物や野生動物の死体)をお持ちいただき、本剥製を作ります。
 死後すぐに冷凍保存したものか、新鮮な死体であれば作製できます。ただし、路上や野山で拾得した動物については、都道府県からの拾得証明書などが必要になります。
 詳細については事前にお問い合わせ下さい。


【剥製講座の内容】
コース 基本コース(2日間) 応用コース(1日間)
小型哺乳類 鳥類 哺乳類・鳥類・爬虫類
材料 ネズミ ウズラ 各種(持ち込み)
作製標本 フラットスキンあるいは仮剥製
頭骨、本剥製
仮剥製、本剥製 本剥製
受講料 28,000円(2日分) 28,000円(2日分) 15,000円〜*
消費税込みの料金です。
*料金は動物の種類や大きさによって異なります。


☆特典☆
 受講者の方には、土屋博士によるオリジナル冊子「剥製の作り方」を進呈いたします。

・講師:(株)応用生物 特任研究員 土屋公幸
・場所:東京都港区南青山4-12-3 (株)応用生物 1F
・受講方法:予約が必要です。申込書を送付しますので、下記までご連絡下さい。


【お問い合わせ】
〒107-0062 東京都港区南青山4-12-3
(株)応用生物 4F 生物資源研究室 剥製講座担当
(電話)03-3402-5475  (FAX)03-3402-5413
(Eメール)info@ooyo-seibutsu.co.jp

応用生物 業務内容 生物標本ページはこちら >>
<< TOPページに戻る